NPO法人 艮陵協議会

加盟病院研修医の動向

HOME > 地域医療の充足に関する調査

地域医療の充足に関する調査

平成28年度 地域医療充足度調査

理事・事務局長
東北大学 災害医療国際協力学 教授
江川新一

平成28年度の6月に行った地域医療充足度調査結果を報告します。この調査は艮陵協議会の事業のひとつとして平成28年6月に研修医の動向調査とともに行ったものです。アンケートを送付した127病院のうち74病院(58%)から回答がありました。

1.病床数の合計

① 一般病床 22345床
② 療養病床 775床
③ 結核病床 151床
④ 感染症病床 81床
⑤ 精神病床 735床
⑥ 合計 24087床

2.指定等の状況

(ア) 臨床研修指定病院(単独・管理型) 37病院
(イ) 臨床研修指定病院(協力型) 39病院
(ウ) 救急告示病院 48病院

3. Q1. 貴院での医師の充足状況は?  (は回答の平均値)

(ア) 医療法上

(イ) 実際の運営上

4. Q2. 貴院での実際の運営上必要な医師の充足状況の見通しは?  (は回答の平均値)

5. Q3. 貴院で標榜している診療科・実施している業務と、医師不足による現在あるいは将来の支障の有無(数字は該当すると回答した病院の数、割合は標榜数に対する%)

診療科・業務 標榜 医師不足により
現在支障をきたしている
将来支障をきたすと
予測される
1 内科 70 43 61% 27 39%
2 呼吸器科 48 33 69% 24 50%
3 消化器科(胃腸科) 56 31 55% 18 32%
4 循環器科 54 25 46% 15 28%
5 小児科 53 23 43% 22 42%
6 精神科 35 17 49% 12 34%
7 神経科 5 2 40% 1 20%
8 神経内科 46 27 59% 14 30%
9 心療内科 14 8 57% 4 29%
10 アレルギー科 9 3 33% 1 11%
11 リウマチ科 15 8 53% 4 27%
12 外科 65 19 29% 15 23%
13 整形外科 65 32 49% 23 35%
14 形成外科 25 8 32% 4 16%
15 美容外科 2 0 0% 0 0%
16 脳神経外科 47 29 62% 16 34%
17 呼吸器外科 29 17 59% 11 38%
18 心臓血管外科 33 19 58% 12 36%
19 小児外科 12 7 58% 4 33%
20 産婦人科 40 23 58% 16 40%
21 産科 7 4 57% 3 43%
22 婦人科 16 9 56% 6 38%
23 眼科 51 21 41% 17 33%
24 耳鼻咽喉科 48 21 44% 14 29%
25 気管食道科 4 0 0% 0 0%
26 皮膚科 50 23 46% 16 32%
27 泌尿器科 52 24 46% 22 42%
28 性病科 2 0 0% 0 0%
29 肛門科 9 2 22% 1 11%
30 リハビリテーション科 56 24 43% 17 30%
31 放射線科 52 26 50% 17 33%
32 麻酔科 56 31 55% 18 32%
101 血液透析 12 9 69% 7 54%
102 日当直 - 12 16% 8 11%
103 訪問診療 13 7 54% 6 46%
104 検診・健診 22 12 55% 11 50%
その他(歯科口腔外科) 14 5 36% 4 29%
その他(糖尿病代謝科) 14 6 43% 5 36%
その他(病理) 15 10 67% 7 47%
その他(腎内) 5 3 60% 4 80%
その他(内視鏡) 2 1 50% 0 0%
その他(乳腺外科) 10 7 70% 4 40%
その他(救急科) 15 11 73% 6 40%
その他(血液内科) 7 2 29% 1 14%
その他(未熟児新生児科) 0 1   1  
その他(腫瘍内科) 4 3 75% 3 75%
その他(内分泌外科) 3 3 100% 3 100%
その他(緩和) 8 2 25% 1 13%
その他(感染症) 2 1 50% 1 50%
その他(総合診療) 2 2 100% 0 0%
その他(臨床検査科) 2 1 50% 1 50%
その他(ペインクリニック) 2 2 100% 1 50%
その他(漢方内科) 4 2 50% 2 50%
その他(脳神経内科) 1 1 100% 1 100%
その他(消化器) 1 1 100% 0 0%
その他(児童思春期精神科) 1 0 0% 0 0%
その他(老年) 2 1 50% 1 50%
その他(臓器移植) 1 0 0% 0 0%
その他(気管食道) 0 1   1  
その他(女性診療) 1 0 0% 0 0%
その他(呼吸器・アレルギー) 1 0 0% 0 0%
その他(移植・食道・血管) 1 1 100% 1 100%

6. Q4. 医師充足のためには何が必要か?(自由記載原文のまま)

  • 毎年7名以上のマッチング。3年目以降5名残ることが必要。
  • 若手医師、研修医の出入りが全くない。
    大学からの派遣が減少
    基幹病院との連携がないと医師充足はほぼ不可能な状態
  • 行政の地域偏在解消の指導
  • 後継者育成
    大学との連携
    研修医の確保
  • 医師の適正な人員配置を望みます
  • 地域、診療科による医師の偏在の解消
    大規模病院からの医師派遣体制の確立
  • 診療科により過不足が異なるため不足している診療科を明確にして育成に力を入れる。
    大学医局のマンパワーを拡大する。
    民間の医師派遣会社を無くす。
  • 就業意思、意欲のある医師とのマッチング向上のための病院の情報発信。
    大学+地域内医療施設との連携
  • 大学病院医局のご理解
  • 医師受け入れに向けた環境整備(病院リプレース、指導医・看護体制充実)など
  • 病院のアメニティの充実と多職種チーム医療の厚みを地域に還元することで地域のニーズを把握すること
  • 神経内科・麻酔科・救急科・皮膚科・形成外科・総合診療科などの専門医育成
  • 無理のない労働環境
  • 病院の診療の質の向上による若手医師へのアピール向上
    病院の地域の中での役割の明確化による将来像の確立
    総合診療科の確立
  • 当院のような中規模病院においては、医師確保は大変難しく、大学からの医局派遣を切に望みます
  • 医学生の地域医療実習が増えてきていますが、医学生が地域医療に興味を深めることができる対応を強化する。
  • 専門医・指導医の増員
    魅力的な専門研修プログラムの策定
  • 医師特に専門医・指導医クラスの大学からの派遣が必要(恒常的な医師確保のため)
  • 地域にも医師が配置されるような国の制度改正
  • 関連大学病院からの支援
  • 大学医局との連携
  • 医師の地域偏在の是正
  • 最高の医療技術・サービスを提供できる設備投資を行い、医師が生きがいを持って働くことができる環境を整える事
  • 被災地に対する行政の医師確保支援
  • 医師の偏在の解消
  • 医師修学資金貸付事業、運営費補助金
  • 東北地方に初期研修医が集まるような環境の整備
  • 既卒医の再就職
  • 医師の働きやすい環境づくり
    医師のキャリアアップにつながる医療設備の充実
    待遇
  • 大学との連携を強化すること
  • 地域の小規模病院にとっては総合診療医の育成と単年度ではない中長期の医師派遣システム
  • 地域辺縁の病院において、医師不足は緊急の課題です。宮城県内で医学部を有する二大学で地域医療委員会(医師派遣委員会)を設置し、地域実情による診療科設置の必要性を理解の上、医師派遣を進めて頂きたい。
  • ①OECD並みの社会保障費とそれに対応した養成の長期的計画
    ②医師はじめとした医療職の労働条件の改善(OECDやG7並に)
    ③行政や製薬資本から独立した医療職の自律性を尊重した仕組みの強化と充実
  • 大学との密な連携
  • 医局からの医師派遣
  • 後期研修医や若手医師の育成等
  • 新設医大問題と専門医制度問題が大きく、大病院に医師が集中する流れが止まらない
  • 若手医師の確保、福利厚生の充実
  • 大学医局や3次医療機関との連携、協力。医師の地域偏在の解消
  • 常勤医の確保
  • ◇地域の中での医師偏在の解消
     ・専門医制度により研修医の選択の幅を狭めないように。
     ・研修時の処遇などにも配慮が必要と思われる。
    ◇研修医に地域を体験させる機会を多く提供する
    ◇大病院と中小病院の連携をよりスムースにする
     ・患者の紹介、逆紹介はもちろん、合同カンファレンスの開催や、指導医の出張カンファなども。
     ・「定着」を考慮すると地元出身者を学生時代から地域医療に興味を向けさせる取り組みを行う。
    ◇経営の改善:診療報酬制度の改善
  • 現在、東北大学等の医師が診療援助にて外来及び入院患者の診療をしているが、今後、常勤医師の確保に向けて努力する。
  • 医師の地域偏在を解消するため、「地方勤務」を一定期間義務付けるとともに、その間、何らかのインセンティブを付与するような制度が求められる
  • 大きな病院に人材が集まる傾向があるように思われる。このような中、中小の病院が独自の努力だけで医師を確保するのは困難である。県又は国が主体となり、中小病院に医師を紹介又は派遣するような仕組みを作ってほしい。
  • 大学病院との連携
    教育、研修の充実
  • 医師の勤務環境を整える。医師の業務負担軽減の環境を整えることで医師が集まる病院になると考える。
  • 全体的な意味での医師確保
    初期研修から継続する医師の確保
    初期研修修了からの専門研修受け入れ
    女性医師ライフプランの両立支援の確立

7. 考察

ご回答いただいた施設の集計で、24087床(一般病床22345床)という規模で、北海道から東北、関東にいたる加盟病院における医師不足の現況解析が可能となりました。医療法上は医師数が充足していても、実際の運用上では不足していると回答した病院が多く、1,3,5年後の見通しもやや足りないとする平均値は変わりませんが、一方で3年後、5年後のことはわからないとする病院の数も増えていきます。

多くの診療科で現状の医師不足により支障をきたしています。内科系各科では約50%で、外科では20%ですが、外科系専門各科で50%以上の現状医師不足があります。とくに内分泌外科、乳腺外科は不足が顕著なようです。新専門医制度が確立されていく過程でどのように変化していくのかも注目されます。

血液透析をもつ病院の69%が現状の医師不足により支障をきたしていると回答しています。日当直の支障は20%前後ですが、救急科を標榜している病院の73%が現状の意思不足で支障をきたしていると回答しています。病理医も現状の医師不足により支障をきたしている病院が70%ちかくあります。

現状の医師不足による支障よりも、将来的に支障をきたすと見込まれる診療科の割合は減っている診療科が多いことから、医師充足を見込んでいる病院が多いようです。標榜している病院が少ない診療科では、現状の医師不足、将来の医師不足により支障をきたす可能性があり、地域医療のニーズに応えるため、多様な診療科をそろえた場合に医師の確保は大きな問題となっていることがわかります。

自由記載からは、地域医療を支えている加盟病院が問題解決にむけてさまざまな努力をされており、大学あるいは行政に求める要望が多く見受けられます。今後もこのような調査を継続的に行うとともに、ご意見を少しでも反映させられるようにするにはどのようにしたらよいかを皆さまとともに考えてまいりたいと存じます。

ページトップ

東北(北海道|青森|秋田|岩手|山形|福島|宮城|仙台|茨城等)の初期研修医マッチング、後期研修医募集は艮陵協議会

Copyright (C) 2008 Gonryo Kyougikai all rights reserved.